ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

昭和の沿革史

 

昭和22年   4月 初代校長 佐藤 毅助氏就任
PTA会長 佐藤 省三会長
生徒数 576名
新制度により円田村立円田中学校
として開校発足
開校式・入学式挙行
(円田小学校高等科及び
円田村高等公民学校の教室を使用)
 昭和22年   5月 女生徒にDDT散布
昭和22年   7月 全校遠足(青根方面),
2・3年生に欠席,中途退学生徒が目立つ
昭和23年   3月 第1回父母教師会総会
(1年生は義務制、2・3年生は任意)
第1回卒業式・円田村高等公民学校最終卒業式
昭和23年   4月 生徒数 573名
同窓会設立総会
昭和23年   5月 新憲法発布記念弁論大会
昭和23年 10月 小・中連合運動会
昭和23年 11月 3年修学旅行(松島・仙台方面)
昭和23年 12月 新築中学校校舎に移転(現在地)
 昭和24年   4月 第2代校長 阿部 正勝氏就任
生徒数 666名
 昭和24年   5月 川小石山に学校林植林
 昭和24年   9月 校舎第二期工事落成(134坪),
3年生まで義務制となる
 昭和24年 11月 3年生修学旅行(仙台・山形・福島方面)
 昭和25年   3月 講堂落成式
昭和25年   4月 生徒数 675名
 昭和25年   9月 3年生修学旅行
(東京・江ノ島・鎌倉方面,3泊4日)
 昭和25年 11月 午前父母教師会総会・午後学芸会実施
昭和26年   4月 生徒数 688名
 昭和26年 10月 仙南地区音楽コンクール第1位、県大会に出場
村内一周学級対抗駅伝競走大会
 昭和27年   3月 校歌発表会ならびに学芸会
(校歌は佐藤忠治郎氏の篤志による)
 昭和27年   4月 生徒数 694名
川小石山に全校植林作業
 昭和27年   5月 巣箱コンクール入賞(450個)
 昭和27年 11月 全校寄生虫駆除(サントニン)
昭和28年   3月 第3期校舎建築完成(75坪)
昭和28年   4月 生徒数 675名
学校植林作業
昭和28年 11月 第4回宮城県学校植林コンクール第2位入賞
屋内体操場落成(185坪・工費648万円)
昭和29年   3月 川小石山植林(5町歩)
昭和29年   4月 生徒数 672名
姥畑山植林
文部省指定
「産業教育(農村における食生活の改善)」
指定校
昭和29年 11月 第5回宮城県学校植林コンクール第2位入賞
水道敷設
昭和30年   1月 特別教室増築(旧講堂跡)
昭和30年   4月 生徒数 673名
円田村・宮村が合併し蔵王町となる
蔵王町立円田中学校と改称
川小石山植林(11町7反)
昭和30年 10月 第6回全国学校植林コンクール中学校の部第1位
農林省で表彰式
(文部大臣賞・農林大臣賞緑化委員会・
読売新聞賞受賞
昭和30年 11月 宮城県学校植林コンクール第1位,
仙台ブラザー軒で表彰式
昭和31年   4月 生徒数 685名
昭和28年に植林した曲竹薬師堂地内学校林,
山火事のため8反中3反5畝焼失
昭和31年 10月 文部省指定「産業教育」公開研究会
ピアノ購入(PTA寄付36万円,町費10万円)
全国学校植林コンクール優秀校受賞
昭和31年 11月 宮城県学校植林コンクール最優秀校受賞
昭和32年   3月 校庭拡張,登校坂工事完了
昭和32年   4月 生徒数 577名
曲竹地区より宮中学校に入学する
生徒10数名となる
昭和32年   5月 佐藤甲二蔵王町長の寄贈により校門前に
車回しを作る
昭和33年   4月 生徒数 577名
昭和33年 10月 牛乳給食開始
昭和33年 11月 県中学校駅伝競走大会優勝
(県庁浜田折返し,大会新記録2時間22分9秒)
昭和34年   4月 生徒数 527名
昭和34年   8月 町営水道敷設
(従来は2ヶ所の井戸からポンプで
水を汲み上げていた)
昭和34年   9月 円田中学校体育後援会結成(会長 佐藤勇男氏)
昭和34年 11月 県中学校駅伝競走大会優勝(2年連続)
昭和35年   4月 生徒数 556名
昭和35年   6月 農繁休業5日間
昭和35年   8月 1年生蔵王登山(賽の河原より歩く)
昭和36年   3月 卒業生144名
うち,高校進学者47名,東京方面就職者30名
(集団就職臨時列車で白石駅より出発)
昭和36年   4月 第3代校長 玉手 達士氏就任
PTA会長 佐藤 勇男会長
生徒数 674名
2階建て6教室落成(516万円)
昭和36年   7月 学校林下刈り作業
(1年生:姥畑山
  2・3年生:川小石山)
昭和37年   3月 学校林日本一の記念碑建立
(題字 阿部正勝前校長)
昭和37年   3月 校門建立
(佐藤PTA会長他,
町有志の寄付11万円,
大鷹沢石)
昭和37年   4月 生徒数 744名
昭和38年   4月 生徒数 721名
昭和38年 10月 中学校駅伝競走大会第3位
(35年より中止されていたが
本年度より再開)
昭和38年 11月 文化祭開催
昭和39年   1月 水道の水源を塩沢の佐藤康蔵氏より
譲渡される
昭和39年   3月 卒業生247名中,東京方面集団就職者140名
昭和39年   4月 第4代校長見津 豊氏就任
PTA会長 伊藤 貞治会長
生徒数 684名
産業教育研究指定校
「機械学習の実践的研究及び理論を生かした
被服製作の指導法」
昭和39年   9月 東京オリンピック聖火リレー伴走
(生徒20名,宮小前から児捨川橋)
昭和39年 10月 県中学校駅伝競走大会第4位(南郷会場)
昭和40年   4月 PTA会長 小島 孝一会長
生徒数 684名
県指定「進路指導(特別活動)」2年間
昭和40年   7月 簡易プール落成(ビニール),第2グランド(98万円)
昭和40年 10月 県中学校駅伝競走大会第6位(南郷会場)
元村長 村上勇吉氏(98歳)より図書費として
50万円寄贈される
昭和40年 12月 産業教育研究指定校公開研究会
昭和41年   4月 生徒数 580名
昭和41年 10月 県中学校駅伝競走大会第4位(南郷会場)
県指定「進路指導(特別活動)」公開研究会
(約300名参加)
昭和42年   4月 生徒数 567名
昭和42年   6月 第1回対村田第一中学校定期親善試合
(会場:村田第一中・全校生徒移動)
昭和42年 11月 「進路指導」の研究により学研賞受賞
昭和43年   1月 ブラスバンド結成披露(楽器購入費43万円)
昭和43年   4月 生徒数 539名
昭和43年 12月 就職自営者激励会
(永野小学校会場、本校生徒80余名参加)
昭和44年   4月 PTA会長 会田 信雄会長
生徒数 535名
昭和44年   9月 大運動会にブラスバンド初出演
昭和44年 10月 県中学校駅伝競走大会第11位
昭和45年   4月 第5代校長広岡 二郎氏就任
生徒数 493名
昭和45年   7月 簡易プールビニール張替え工事(30万円)
昭和46年   1月 机・椅子スチールパイプ製にすべて入れ替え(493組)
昭和46年   4月 生徒数 445名
昭和46年   7月 JRC加盟
昭和46年 10月 県中学校駅伝競走大会第3位(若柳会場)
昭和47年   4月 第6代校長玉手 憲二氏就任
PTA会長 高沢 良弘会長
生徒数 435名
昭和47年 10月 第1回円中祭開催
昭和47年 11月 全教室に石油ストーブ入る
昭和48年   4月 PTA会長 吉田 太一会長
生徒数 413名
昭和48年   5月 体育館床板全面張替え(工事費200万円)
昭和48年 10月 プール落成(1500万円)
昭和49年   4月 生徒数 411名
昭和49年   7月 宮城県中学校野球大会第3位
昭和49年   9月 第二校庭整備
昭和49年 11月 第3回円中祭
昭和50年   3月 2年生修学旅行(東京・鎌倉方面)
昭和50年   4月 生徒数 390名
昭和50年   8月 第1回町内小・中学校水泳大会(本校プール)
昭和50年 12月 校舎改築促進協議会発足
(教育環境整備懇談会が移行)
昭和51年   4月 PTA会長 近江 巌会長
生徒数 359名
昭和51年   9月 NHK合唱コンクール参加
昭和51年 10月 第4回円中祭
昭和52年   4月 生徒数 356名
昭和52年 11月 校内球技大会・校内合唱コンクール
校内新聞コンクール開催(以降,毎年開催)
昭和53年   4月 第7代校長斎 純氏就任
PTA会長 鹿島 茂会長
生徒数 311名
昭和53年   5月 校舎建築協議会と改称,活動盛んになる
円田中学校学校林管理委員会設立
(委員長 佐藤勇男氏)
昭和53年 11月 第5回円中祭
昭和54年   3月 学校林より円田中備品費として
4000万円を町へ寄付
昭和54年   4月 生徒数 286名
昭和54年   7月 新校舎落成
(総事業費43,400万円、
建築面積延べ3380㎡)
昭和54年   9月 NHK合唱コンクール優良校に入賞
昭和54年 10月 新校舎落成式・祝賀体育祭
県中学校駅伝競走大会第4位(南郷会場)
昭和55年   4月 第8代校長小室 裕氏就任
PTA会長 村上 賛会長
生徒数 256名
県指定校「学習指導」(2年間)
昭和55年   5月 旧校舎跡地整備
昭和55年   6月 文化財サークル開講
(ふるさと教育の一環として,4年間)
昭和55年 10月 県中学校駅伝競走大会第8位(亘理会場)
第10回文化祭
昭和56年   4月 PTA会長 村上 太一会長
生徒数 274名
昭和56年   6月 体育館建築協議会発足(会長 佐藤勇男氏)
昭和56年   9月 NHK合唱コンクール奨励賞
昭和56年 10月 県指定公開研究会
「学習効果を高める指導法の試み
(教育機器の活用を通して)」
昭和56年 11月 校花「サクラ」,校木「クロマツ」を制定
昭和57年   1月 校庭拡張のため畑地買収(4,974㎡)
昭和57年   4月 第9代校長小山 哲郎氏就任
PTA会長 会田好昭会長
生徒数 261名
昭和57年   9月 NHK合唱コンクール優良校
昭和57年 10月 県技術家庭研究大会会場校
第1回町内小中学校陸上競技大会会場校
県中学校駅伝競走大会第11位(河北会場)
第8回円中祭
昭和58年   3月 体育館落成(1,148㎡,総工費17,500万円)
昭和58年   4月 生徒数 255名
昭和58年   5月 歴代PTA会長写真及び円田中学校の変遷掲額
昭和58年   9月 NHK合唱コンクール優良校
昭和58年 10月 第9回円中祭「チャレンジ」
昭和59年   2月 第8回仙南地区バレーボール大会女子優勝
校庭整地
(暗渠,側溝,東側土留,工費2,000万円)
昭和59年   4月 生徒数 234名
昭和59年   6月

白刈地区中総体で5種目優勝
  優 勝:バレー男女・卓球男女・テニス男,
  準優勝:ソフト,
  3  位:野球・剣道)

昭和59年   9月 NHK合唱コンクール優良校(3年連続)
円中祭「FOREVER」
昭和59年 11月 仙南中学校新人野球大会優勝
昭和60年   3月 校庭整備第二期工事
(バックネット・テニスコート3面・倉庫・屋外トイレ・
東側フェンス新設・校舎前植込整備)
昭和60年   4月 第10代校長渡辺 登氏就任
PTA会長 佐藤 親市会長
生徒数 250名
生徒指導推進モデル地域指定(県,2年間)
昭和60年   6月 白刈地区中総体で3種目優勝
(バレー女子,卓球女子,ソフト)
昭和60年   9月 NHK合唱コンクール優良校
昭和60年 11月 南 節子(国立音楽大学助教授)ピアノリサイタル開催
昭和61年   4月 生徒数 257名
昭和61年   8月 第7回少年の主張仙南大会会場校
昭和61年   9月 NHK合唱コンクール奨励賞
昭和62年   1月 生徒指導推進モデル地区として成果発表
(県研修センター)
昭和62年   4月 第11代校長小島 亮治氏就任
PTA会長 樋口 俊治会長
生徒数 264名
昭和62年   6月 校庭南東隅に井戸(直径2m,深さ5m)を掘る
昭和62年 12月 異常乾燥のため校庭の粉塵甚だし
散水車製作
自転車通学者ヘルメット着用
昭和63年   4月 生徒数 269名
昭和63年   7月 2年生蔵王登山実施
昭和63年   8月 NHK合唱コンクール参加
昭和63年 10月 円中祭

 

         戻る 戻る  ページの先頭 ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる